なぜ、そのようなEAの作り方をするのか?

どうも、こんばんは
ソウルです

前回の記事の続きを書きますね
前回の記事

EA制作する時にソウルの場合は一般的なやり方とは全く違う面もあります

よく色々なサイトを見ると、ヒストリーデーターはFXDDが良いとか聞きます
また、正しいバックテストのやり方って見かけますよね?

それってどうなの?って思った事ないですか?

中には、FXTFが良い、アルパリが良い、ここのを使っているからデーターは正確ですってw

本当なの?それって

過去の結果はあくまでも過去であって未来のトレードに対する結果に影響を及ぼしても、それが正確だという判断材料にはならないはずです

それよりも大事なのは、未来の相場に対するレートの揺らぎではないかとソウルは考えます

だから、結果として出すデーターは、どこのヒストリーデーターを使っても良いのではないでしょうか?

具体的に、価格の揺らぎに関する詳しい内容はブログでは言えないので恐縮ですが・・・

元々はSEO屋としてグーグルのアルゴリズムと戦ってきた自分としては、FXにのめり込むのは必然でした

そして、何よりも楽しいから朝から朝まで、平日は布団で寝ない生活
寝る気なんか無いからね
寝るなら寝落ちw

だからこそ、真剣に作ってるし苦しんだし悩みまくったw

誰かが言ってるから、こうやってみんな書いてるから
そんなのは信じない

あるのはチャートとデーターで武装して相場に向かい合い考え抜く力だけです

ものすごく簡単に利確の揺らぎを書くと下の図のような感じです

これだけじゃわからないんだけど、これに数点の理論を足しているのがソウルの考え方です

だから、方向性さえ間違えなければ、そんなに負けない
SL30のEAが多いっていうのも、この理論を発見したからなんです

FXDDのデーターと合わない?
いや、そういうの必要ならそれに合わせるけど、他のデーターとも整合させてバックテストするのも大変ですし

何だか、よくわからない話になりましたが、頑張って良い物を作っていきます

書いてる最中にCODE_Cがお祭り状態になってるしw

文責:FX魂
執筆者ソウル

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った (0)
  • 普通 (0)
  • 役に立たなかった (0)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。