モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX)の色々な実践報告

どうも、こんにちは
ソウルです

モンスター・トレンドゾーンFXですが、友人も購入していたので色々と話を聞きました
「え?お前は実践してないの?」って言われそうですが3.4日間くらいは行いましたが飽きちゃいましたw
行った日は100ピップス以上取ってます
元々ソウルの場合はチャートは選ばないタイプですので何でも良いのですがw

 

正確には飽きたというよりもサポートに質問しても返事来ないので、あ~こんなもんかみたいな感じですね
ゾーンのリペイメントはこのツールにとっては致命的ですからね
ノウハウやルールがリペイメントによって不確定な事になります

都合悪いのかなw
だから情報商材はあんまり好きじゃないです
ただ、ある程度の技量があるなら問題ないですが、「初心者にでもひと目でわかる明確なトレンド」とLPに書いてあるなら初心者のために改良すべきだと思いますね

 

それで、ソウルの友人は初心者で投資のセンスが全くない人です
ナベさん(仮名)wと言うのですがホント株をやれば資金の3分の1を2週間で溶かし、いつも含み損を大量に作っちゃう人ですw
そんなナベさん(仮名)が15日間で資金を2倍にしましたw

 

こんな人です
少しお腹がポッコリしてキャバで支払い前には必ず寝たふりして支払いを逃れようとしますw
ダメな男でしょ?www
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

モンスター・トレンドゾーンFXで15日で資金2倍

 

ソウルもその話を聞きモンスター・トレンドゾーンFXすげ~
ナベさん(仮名)でも勝てるのかwww
って思っちゃいました

 

それで詳細を書くと資金は約50万、ブローカーはタイタンでレバレッジ500の円口座です
それを15日間で0.5ロットづつ取引していったようです
簡単に言うと、10ピップスで0.5ロットで5000円ですから1000ピップス以上取ったようです
一日平均で均すと1日67ピップス
ナベさん(仮名)大丈夫?
頭おかしくなった?w

 

※証拠写真
まあ~最初の資金とか履歴が無いからわからないんだけどw

モンスター・トレンドゾーンFXの証拠写真

 

ナベさん(仮名)は外資系のエリートですので比較的時間の融通があるのですが、そんなに時間は取れていないはずです
得意技はナンピンと両建てでそれ以外は知らないはずなので運が良かったのかもしれませんw

 

それでも、この2大武器を駆使しながら頑張ったナベさん(仮名)には驚きましたね

 

FX初心者だからこそルールを守り続けることで、そこに考えるという思考が出来れば更にナベさん(仮名)は素晴らしいトレーダーになっていくのではないかと12パーセントくらい思ってしまいました、縁起でもないけどw

 

ロジック自体はモンスター・トレンドゾーンFXは良いですからね

 

今すぐここでモンスター・トレンドゾーンFXを手に入れる

 

それで、1日最低100ピップスは取る男であるソウルの実践方法をお伝えしますね
ただ、ゾーンがリペイメントするから過去検証の画像は実際のトレードの時と違いますのでご了承くださいね

 

考え方とかがわかっていれば良いと思いますので^^

 

少し手法に行く前にうんちくをw

 

日本は世界で一番のFX大国です、個人投資家レベルの話では
暗号通貨も一緒です
そんで下手くそが多いですw
海外ではFXはギャンブル的が要素が多く下火なんですよね
3~5年スパンで十分な収入を得る人は1パーセントです

 

2016年の相場と2017年の相場は大きな違いがあります
こういうのはEA(自動売買)を行っていればわかります

 

最近のユーロ高の要因はAIです
実際にAIを稼働させているファンドの人がユーロを買いすぎて驚いたとの話があるくらいです
つまり、最近の相場はAIが作り出している
買いが止まらない、売りが止まらない状況になりやすいです

 

ここを考えていくとトレンドは比較的取りやすくなっています

 

 

例えば、相場の天井と底を考えると
虹色チャート
天底チャート
GMMA
などがあります

 

モンスター・トレンドゾーンFXはトレンドを取りますので、このようなチャートと相性が良いです

 

GMMAがこんな感じで、虹色も天底も似たような感じです
※画像はクリックすると大きくなります

移動平均線のうねりみたい感じを見てエントリーする感じですよね

 

ソウルの場合は、GMMAを入れるとチャートが見ずらいのでGMMAオシレーターを入れてます

高値圏か?
安値圏か?
クロスするか?

この3つの判断を大まかに見るために使っています

 

この方法論とモンスター・トレンドゾーンFXの矢印を合わせる
もちろん、GMMAオシレーターとモンスター・トレンドゾーンFXのサインは同じで合った方が良いですがどちらが先でも構いません
方向が合った、これが大事です

 

ここまでが1点目ですね

 

2点目として時間です
ここはかなり迷うと思います

 

仕事から帰宅しましたよ
今から取引を始めますよ

 

こういった時にどこから始めたら良いかと迷うはずです

 

基本時には東京のレンジ時間を意識する
考え方は東京ブレイク

 

ここのサイトに書いてある事に近いです

 

次に19時から21時もレンジになりやすいです

 

この時間帯でのブレイクを合わせていくと精度があがり初動を取りやすいです

 

そこにプライスアクションの考え方などを入れて行けば良いです

 

事例として、昨晩のドルスイスフランを見てみましょう
※画像はクリックすると大きくなります
またグーグルクロームではディスクトップにドラッグすると保存できますので保存してから拡大して見てください

まず、仮に19時から始めたとします
1番の縦線でGMMAオシレーターが高値圏からデッドクロスしています
19時から21時は必ずではないですがレンジになりやすい事と東京時間の高値付近ですから跳ね返されて上に行く可能性もあるので入りません

 

次に2の縦線ですがモンスター・トレンドゾーンFXの矢印とGMMAオシレーターの高値圏の10を短期線(ピンク)と長期線(緑破線)が割ってきた且つ下向きですのでエントリーは可能です
ただし、モンスター・トレンドゾーンFXのゾーンはリペイメントしますので、この時はアップゾーンになっているはずです
こういうのがこのモンスター・トレンドゾーンFXの問題点ですね
もしエントリーするなら、いつも買う量の半分を買います

 

実際にエントリーするのは「売るならここ」の位置です
直近の髭の下値を越えて10ピップスくらい下がった位置です
他通貨との関連性も見ていましたが明らかに下げトレンドに変わっています

 

ここから順調に下がるのですが16時15分から17時20分くらいまでにレンジになっている部分があります
ここが抵抗となりますので、多少のもたつきは予想されます
その時間帯のレンジを10ピップス抜けたら追撃します
追撃ポイントでGMMAオシレーターの長期線(緑の破線)が0くらいの位置ですからまだ下げ余地があると判断できます

 

その後に持ち合って下がりますが、再度大きく値を戻します
ここは、踏ん張り所ですが、ここは最初の下落を止めたブレイク足を実体で戻して来なかったので保持します
もしも、実体で越えてきた場合は利確しましょう

 

最終的な利確位置の判断はピンバーです
実体より髭が長いピンバーはトレンド転換を疑えます
そのピンバーが付いた次の足で上昇の勢いがありましたので、ここは利確で良いと思います

 

結果、利確ポイントよりも下げるのですがエントリーしてから3時間30分掛かってますからね
2回に分けたエントリーで120ピップスと95ピップス取れてます

 

半分に分けてエントリーしていますので106ピップス程度になります

レンジから狙う時間は東京時間から19時から21時、その他にもありますので狙ってみてください

 

今回は実際のトレードに基づいてモンスター・トレンドゾーンFXの使い方を書いてみました
トレンドは確かに取りやすいツールですのでご購入を考えてみてください

公式サイトはこちらですw

こちらは、かなりおすすめです

BigBangProfitSignal !!
年間平均5000PIPS以上!長期での統計的優位性を示す事に成功したインジケーター!

文責:FX魂 ソウル

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った (0)
  • 普通 (0)
  • 役に立たなかった (0)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。