一目均衡表の各線の意味

一目均衡表の各線には意味があります。
その意味と効果的な使い方とは何でしょうか?

まずは、チャートを見てみましょう。

一目均衡表の線
※画像をクリックすると大きくなります。

1.転換線
MT4のデフォルト設定では赤い色の線となります。
過去9本分の(当日含む)最高値と最安値の半分の価格を描画しています。

直近のサポート&レジスタンスになる

2.基準線
MT4のデフォルト設定では青い色の線となります。
過去26本分の(当日含む)最高値と最安値の半分の価格を描画しています。

中期のサポート&レジスタンスになる。
基準線に沿って上昇した時にはボリンジャーバンドのバンドウォークのように安定して上昇する。
(下記画像参照)
押し目での判断は、基準線まで下がっての反発は浅い押し目であり、上昇が強くなるケースが多いです。
基準線が平らな状態で、現在価格が基準線付近にある場合、中期で持ち合いの可能性を予測出来る。

 

基準線安定上昇

3.先行スパン1
雲のギザギザが多い、波が細かいような線となります。
転換線と基準線の半分の価格を26本将来に描画しています。
上昇時には上か下に来た時に深い押しと捉えられるケースが多い
上昇時に先行スパン1を上から下に抜けた時にはトレンド転換を疑う

4.先行スパン2
雲の比較的真っすぐな線となります。
過去52本分の(当日含む)半分の価格を26本将来に描画しています。

上昇時に先行スパン1を上から下に抜けた時にはトレンド転換の可能性大
死守するライン、最後の砦となる
未来にある先行スパン2が平行で平らな場合、その足まで持ち合いを予測する事が出来る

5.遅行スパン
MT4のデフォルト設定ではライム色の線となります。
終値を過去26本(当日含む)に描画しています。

 

●それでは、実際のチャートを見て上昇の順番を見ていきましょう

上昇時の順番

1.まずは、数字の1の部分
ここは、転換線が基準線をゴールデンクロスしました。
均衡表の好転

2.次に数字の2の部分で遅行スパンがローソク足を抜けてきました。
遅行スパンの好転

3.数字3の部分でローソク足が先行スパン2を抜けてきました。
いわゆる3役好転と呼ばれるものです。

上記、3つのポイントは、一目均衡表で買いサインと言われるポイントです。
一目均衡表が、下降から切り返し上昇に転じる場合には必ず順番通り、意味のある抵抗抜けをしていきます。

 

1.転換線を下から上にローソク足が抜ける場合は、過去9本分よりも買い優勢
目先、短期では上昇基調になります。

2.基準線を下から上にローソク足が抜ける場合は、過去26本分よりも買い優勢
中期では上昇基調になります。

3.先行スパン2(平らな部分が多い線)の26本先が現在の価格より下にあれば、長期では上昇基調になります。

 

一目均衡表の流れは上昇の順番として

価格
転換線
基準線
先行スパン1
先行スパン2の順番になる。

下降時の順番として
先行スパン2
先行スパン1
基準線
転換線
価格の順番になる

※内容は上昇での記載が多くなっています。
下降は逆でお考え下さい。

次回は一目均衡表の時間について掲載します。

前回の一目均衡表のMT4設定はこちらからご覧ください

文責:FX魂 執筆者ソウル

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った (0)
  • 普通 (0)
  • 役に立たなかった (0)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。