XMは本当におすすめFXブローカーなのか?

どうも、こんにちは
ソウルです

メイン口座として楽天から始めて外為ファイネスト、そしてTITANと口座を作ってきました

その間にFXPROやゲムやTraders Trustも1口座だけですが使ってきています

XMは使っている人は多いと思いますが実は使い始めたのはここ3か月くらいなんですね

どうして使わなかったかというと一度申し込んだ後に住民票を取りに行くのが面倒だっただけなのですがw
そういうのってありますよね?

住民票を別件で取りに行く機会はあったのですが、その時はXMの口座が必要ないというか、スッカリ忘れていたりして

実際に裁量であればロットを大きくしなければ、そんなにどこの口座でも変わらないと考えていましたしね

あと、口座タイプがいまいちわかりづらい感じがしてました
読めばわかるのでしょうが、普段は説明書は読まないタイプの人間ですのでw

ちなみにオアンダもわかりづらい気がします
東京サーバー?ニューヨークサーバー?EA使えない?

慣れてくるとわかるのでしょうがMT4を始めて使う方には本当にわからないと思います

それではXMのHPをまずはご覧ください

XMのHPに行ったら、下記の画像のような順番でクリックしてください

1.取引をクリック
2.取引口座タイプをクリック

上記の手順でXMの取引口座タイプが表示されます

口座タイプは3種類ですね

マイクロ口座
スタンダード口座
XM Zero口座

まずは順番に説明していきましょう

1.基本通貨オプション
これは、どの通貨を使って取引するかです

このHPはほとんど日本人が読んでると思いますが、通常であれば自国通貨である日本円JPYですよね
日本円の場合は純粋に取引の損益ですが、ドル口座やユーロ口座にした場合は為替差益も発生します

例えばドル円100円の時に10万円入金
取引をしないでそのままでドル円が110円になった場合11万を出金出来ます

2.契約規模
こちらはロット数ですね
ほとんどのFXブローカーは1ロット10万通貨です
XMでは、マイクロ口座の場合だけ1ロット1000通貨になります

取引の時に頭を悩ませそうですし、マイクロ口座はそういう面で使いづらいのかなと思います
逆に小資金の方には良いのかもしれません

3.レバレッジ
マイクロ口座とスタンダード口座は2万ドル以下(ドル円100円換算で200万)は888倍が使えます
2万ドルを超えると10万ドルまで200倍、10万ドル以上は100倍になります

Zero口座の場合は2万ドル以下は500倍
2万ドル以上10万ドル以下は200倍です
10万ドル以上は100倍になります

ソウルの考えではフルレバでの取引はありえませんので、レバレッジは高い方が良いです
その分、余裕を持って取引が出来ます

2万ドルを超えた資金の場合、追加口座を増やした方が良いという考えです
口座振替で別口座に簡単に資金を移動できますので

4.スプレッド
マイクロ口座とスタンダード口座は広くて、Zero口座は狭いです

スプレッド自体は変動しますからね
スプレッドが狭い風に見えても変動が大きいブローカーもあります

一応、USDJPYを例に平均スプレッドを記載しておきます
※日によって変わります

スタンダード口座:0.016
マイクロ口座:  0.016
ZERO口座:    0.001(ただし1ロットあたり手数料5ドル)

こう書くとZERO口座が有利に感じます

EAの場合ですとTP固定の場合は余裕で利確した場合はZERO口座が手数料分損をします

ZERO口座はスプレッドが狭いので有利に取引出来ますのでZERO口座は利確、スタンダード口座は微妙にTPに届かずロスカットという場面もあるでしょう

どちらが良いかはEAの場合はEAの性質にもよりますし好みで使い分けるしかないでしょうね

5.手数料
ZERO口座のみ手数料がかかります

計算式はドル円の場合片側で1ロットあたり5ドルです
最初にエントリーした際に往復分引かれますので実質は10ドルとなります

ユーロドルはユーロの為替レートで変わります

この手数料は確定申告時に経費扱いになります
意外と知られていませんが、こういう部分はZERO口座は有利ですよね

6.最大保有可能ポジション数
こちらは全口座タイプ共に200ポジションです

7.最小取引サイズ
全ての口座タイプともに0.01ロットです
マイクロのMT5だけ0.1ロットです

マイクロはロットのサイズが100分の1ですので勘違いの無いようにお願いします

8.チケット毎のロット制限
一回の発注ロットですね

マイクロ口座は100ロット
1ロット=1000通貨ですので10万通貨までですね

スタンダードとzero口座は50ロット
1ロット=100000通貨(10万通貨)ですので500万通貨の取引が可能です
マイクロの50倍です

9.ヘッジ可能
こちらは全口座とも可能です
ヘッジがどこまでの意味はわかりませんが両建てであれば、同じひとつの口座内で可能です

10.最低入金額
zero口座は100ドル
マイクロ口座とスタンダードは5ドルからとなっています

以上が公式サイトに書かれている説明となります


それで、自分の感想ですが実際の取引は3か月程度ですが、デモとか使ってるのでメールは来ておりずっと見ていました

会社としての姿勢とかそういうものが見えてくるのですが、XMって大きな出来事があるとレバレッジを制限するケースがあります
つまりこれって、利用者の資産を守る意味合いなのかなとも思います

海外口座は、ゼロカットを採用しています
ゼロカットっていうのは、100万円入金して110万円の損失が出た場合10万円は追証とか来ないで損失分はFXブローカーが持つシステムです
日本の証券会社だと追証が来ますのですが、海外だとレバレッジをフルに使いギャンブル的なトレードを行っても元金以上は失わないのです

ソウルはEAで大きな損失を出して破綻した口座も過去にはありますが、口座残高がマイナス75万円になっていましたが請求は来ないんですよね

利用者保護なのか、ゼロカットシステムを発動させない為なのかはわかりませんが、こういうメールでの注意勧告は肯定的にとらえて利用者の資産を守る意味で親切だなと感じます

ちなみにマージンコールは証拠金レベルが50%を下回った場合
ロスカットルールは証拠金レベルが20%を下回った場合となります

また、下記の画像のような学習プログラムもあります

その他、VPSが条件を満たすと使用できるとか取引シグナルも利用できます

色々と各社サービスを提供していますが、ワンランク上のサービスを提供しているのがXMだと感じますね

文責:FX魂
執筆者:ソウル

この記事に対する感想を教えてください
  • 役に立った (0)
  • 普通 (0)
  • 役に立たなかった (0)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。